www.gmwmg.com

-

-

為替介入(外国為替平衡操作)という言葉は耳にした事がありますか?日銀が為替介入をして新聞記事、報道番組、グーグル等の記事で目にしたみなさんもたくさんいると思います。元から為替介入(外国為替市場介入)というと日本の場合、大臣(財務大臣)為替レートの安定性を保てるように行なう戦略と評価されています。簡単に言えば、極度の円高または円安になった時に財務大臣の指令に従って中央銀行(日本銀行)円の取引をして為替相場の安定をさせる、ということです。為替の介入とはやり方が何通りかあるのです。1.単独介入・・・行政機関もしくは日本銀行が東京での市場の中で自主的に市場に参加し介入を行なう。2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談し各通貨当局のお金を用いて同時または随時為替介入(外国為替市場介入)を行なう。3.委託介入・・・海外の銀行などへ介入の実施を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の通貨当局に代わり外国為替市場介入(為替介入)を執行する。こういったやり方です。いずれのやり方の為替介入(外国為替市場介入)も短期に、もしくは継続して為替市場に大きな影響を与えるでしょう。為替の介入の金額は面目をかけているのですから段違いなのです。円を基本に考えると、日頃は数銭ごとに動く為替レートが大きく動きをするのです。個人で投資をしている人なら一度くらいは体験したと思うのですがこれまで期待通りに含み益(または含み損)が増加していたポジションをキープしていたところへ、維持しているポジションが決済となりましたと通達が外国為替の会社よりEメールが来ました・・・どのくらい得したのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済された報告を見たら自らが予想していた状況とはまったく逆の結果になりびっくりしてしまうことがありました。介入が行なわれると多く聞く話なのです。以上のように為替介入(外国為替市場介入)が実施されることで為替市場の動向と逆の変化をするものです。しかも変化する金の大きさは非常に大幅に変化しますので気をつけましょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gmwmg.com All Rights Reserved.