開口一番「店頭取引」のケース

-

-

外為取引(FX)については取引所取引という取引がございます。

いつもの外為会社とトレードをするものを「店頭取引」と言いますがこれは取引所を通過させず売買の相手は外為取引(FX)企業になるのです。

「取引所取引」という所は外為取引(FX)会社は橋渡し役であるので、直接の売買ペアは取引所を意味する事になるのです。

この相違を比べてみます。

開口一番「店頭取引」のケースは預金してある証拠金はFX(外国為替証拠金取引)企業に統括されているのです。

反面「取引所取引」の場合、そのお金は全額取引所に仮納しないといけないと決められているのです。

そういった事でもしかしてFX会社が経営の行き詰まりをするような問題が例えあったとしても、取引所取引は取引所によってお金は全ての額防衛されることになるのです。

時は外国為替証拠金取引(FX)企業が管制しているので、景況を見て会社破産のしわ寄せをに襲われて預託していた資金はガードされずにいくのかもという可能性があります。

その上税金面からみても両者では基準に相違が見受けられます。

「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として労賃と総額で届出をしないとなりません。

されど確定申告しないで大丈夫なおりもありますので自分に合致するか当てはまらないかよく検討してください。

仮にアナタが勤労者でサラリー二千万円以下、給与の所得の範囲を超えた利益が20万円以下(複数の会社から給料の所得がなし)といった内容を守っている状態でいるのであれば特別というお話で確定申告は不要になります。

FXの利益が20万円以上の際は確定申告をしてください。

税率は稼ぎに従い5パーセントから40パーセントの六段階に分けられており利益が高いのであればtaxも上がります。

「取引所取引」においては、利益があった折はそれ以外の儲けとは別で考え「申告分離課税」のターゲットとなってしまうでしょう。

税の度合いはすべて20%となるんですが、もしも損失が確かになったのだったら「取引所取引」の利点として赤字分を来年以降に先延ばしすることができるのです。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が安いタックスになる時というのもあるのでふまえて研究していった方が良いと考えます。

未経験者の人ならば、ジャスダック株価の浮き沈みや円の状況に一日一日行き届き、利益や損失にひやひやする事によって、税金の事柄を忘れ易くなってしまうこともありがちです。

赤字は困ります。

でも、利益が値上がりすれば税金においても増加するので意識と理解が重要との事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gmwmg.com All Rights Reserved.